Vol.246 モータースポーツの秋?

何も無い9月
アウトドアスポーツにとって9月10月は最適の季節だ。俺達のロードレースはこの時期にレースが殆ど無い。月末近くに岡山で第8戦が行われるだけ。

俺は雑用や好きなゴルフでそれなりに忙しいが、何となく気が抜ける。
先日は3年目になった、ムサシスカラシップトレーニングがあったのでもてぎに行った。講師はいつもの坂田校長・青山博一・小山知良。俺達のスクールにはCBR250Rを使っているが、マシン性能にバラつきがあるんだ。

前回も博一が「僕のバイク遅くないですか?」コースサイドで見ていても確かにそれは感じる。みんなと一緒に走っている時はスリップも効いて何とか走っているが、単独になると可哀想なくらい遅い、もちろんそこは元世界チャンピオン、1周の間にキッチリ詰めて帰っては来るんだが。どうも生徒相手じゃなく、講師との差が気に入らないみたいなんだな。生徒の走りも見つつ、行けるところは攻める、ところがマシンがいう事を聞かない。しょうがないから「7号車(300cc)を使いなよ」俺は言った。今度は速すぎてつまらなかったみたい。(笑)

俺達のトレーニングは基本的にマン・ツー・マンで教えているから、生徒のミスや言い訳は通用しない。教えた通りにやらなかった時の坂田は激高している。それ位一生懸命やっているから生徒もどんどん伸びてくる、最初の頃は「今年の子達はどうしよう?」思っていたのに、若い子は素晴らしい吸収力を持っている。今なら充分レースが出来る位に成長してきた。楽しみ・楽しみ。

俺も最近ゴルフのラウンドレッスンを受講しているんだ。60も半ばを過ぎたジジイが何を今更とも思われるけど、せめてコンスタントに80台で回るゴルフがしたいと思って。
そのレッスンで俺がミスショットすると、コーチから「本田さん。忘れちゃだめですよ」叱られるんだ。(ウチのスクール生に毛の生えたくらいの歳のプロ) 確かに失敗した後、「やっちまったなあ」反省はするんだけど。普段バイクの事に関しては偉そうに言っているけど、立場が変われば同じか~。(苦笑)
アドバイスを受ける方の立場も勉強している今日この頃です、ハイ。

今年のもてぎにナオがモト2に出るとの事、加賀山が何かと奔走して出場にこぎ着けた。俺も知らない仲じゃないので微力ながら応援している。全日本の多くのGP2チームが協力しているようなので是非成功して欲しいモンだ。

岡山のレースが終わったらインドへ。ARRCも終盤に差し掛かってきた。そう言えばウチの講師の小山がチャンピオン掛かっているんだ、真面目に応援しなくちゃ。

Comments are closed.